7000形 702号車

7000形は、6000形量産車を元に、東豊線用に小型にした車両です。 7000形には1次車(701号車)・2次車(702号車〜715号車)・3次車(716号車〜720号車)が存在し、3次車のみ、内装・デザインが若干異なります。

現在、東西線においてワンマン化が進み、その後は南北線のワンマン化も予定されておりますが、東豊線がワンマン化されるのはしばらく後になる予定なので、恐らくあと10年程度は7000形の姿を見ることが出来るでしょう(7000形はワンマン運転に対応しておりません)。

702号車

702号車の写真

福住駅の1番ホームで撮影した、7000形702号車の7802です。この日、札幌ドームでファイターズの試合が行われていたため、臨時列車として62番の運番で福住奥の留置線から登場しました![2006年 7月 8日撮影] 福住駅の2番ホームで撮影した、7000形2次車(7802)です。[2005年 5月 7日撮影]

702号車〜715号車は、7000形2次車(量産車)です。 1枚目の写真は、札幌ドームで日本ハムファイターズの試合が行われたために、午後4時過ぎ(試合終了後)に福住駅の留置線から姿を現した臨時列車(運番は62番)です。

最終更新日 : 2008年12月28日()
© 2004-2011 R.S., All Rights Reserved.
一部の例外を除き、このサイトからの一切の無断転載・再配布などの行為は禁止させていただきます。