6000形 601号車

6000形は東西線の開通時から運行されていた車両でしたが、2008年 8月30日の運行をもって営業運行を終了いたしました。 開通時は4両編成でしたが、その後6両、7両と増えて現在にいたります(ただし、最後に増結されたのは8000形の規格に準じた車両)。 この6000形は、将来予定されているワンマン運転のため、現在次々に8000形と置換されていて、将来的に全編成廃車となる見込みです。

601号車

601号車の写真

大通駅の2番ホームで撮影した6000形試作車(6101)です。[2006年 3月 6日撮影] 大通駅の1番ホームで撮影した6000形試作車(6901)です。実は、この写真の一部をトリミングして、トップページのタイトル画像にしています。[2005年10月29日撮影]

6000形の試作車(601号車)は、南北線2000形の名残なのか、若干2000形と似ています。 2000形と同様、車体の前面が丸みを帯びているのが大きな特徴です。

当初は4両編成で、6101・6201・6301・6901のみしかありませんでした。 元々は現在の東札幌変電所(菊水の円形歩道橋付近にある、札幌市交通局所有の変電所)付近からクレーンで吊り下げて地下に入れられました。 その後、開業まで菊水〜白石間(東西線の一番最初に出来た区間)で試験走行が繰り返されました。

その後、新さっぽろ延長時に6両編成にするため、6401・6601が追加されました。 また、宮の沢延長時に7両編成にするため、8301(8000形中間車)が 6401と6601の間に追加されています。

601号車は、2007年11月21日()に801号車に置換されてしまいました..... 601号車が早々と引退してしまうのは、本当に寂しいです.....

べるずさん提供の写真

二十四軒駅で撮影された、6000形試作車(6101)です。[2005年 5月11日撮影 / べるずさん提供]

この写真は、二十四軒駅で撮影したらしいです。

sumikawaさん提供の写真

6000形試作車(6901)です。[2002年 8月21日撮影 / sumikawaさん提供]

駅の様子からして、恐らく宮の沢駅で撮影されたものと思われます。 この試作車の活躍も、2009年度のワンマン運転開始時までに見納めとなってしまうんですね.....

コデーラさん提供の写真

6000形試作車の6101です。琴似駅で撮影されたもので、たまたま女性車掌に当たっていたようです。[2005年12月12日頃撮影 / コデーラさん提供]

この写真は琴似駅で撮影されたものです。 たまたま女性車掌に当たっていたようです(私も、この前女性車掌が写った写真を撮影できましたが^_^;)。

601号車の走行音

恐れ入りますが、6000形の走行音のページをご参照ください。

最終更新日 : 2008年12月28日()
© 2004-2011 R.S., All Rights Reserved.
一部の例外を除き、このサイトからの一切の無断転載・再配布などの行為は禁止させていただきます。