敬老優待乗車証

札幌市交通局(地下鉄・市電)、ジェイ・アール北海道バス、中央バス、じょうてつバスにおいて利用できる敬老優待乗車証に関して説明します。

敬老優待乗車証

そもそもは.....

札幌市では、元々65歳以上のご年配の方々に無償で配布されていた「敬老パス」というものがありました。 このパスを地下鉄の改札機に入れたり、バス・市電車内で提示すれば、原則札幌市内に限り地下鉄・バス・市電が乗り放題となるパスでした。 また、このパスを提示すると、一部公共施設の料金が無料となっていました(その部分に関しては、現在は「敬老手帳」に引き継がれています)。

しかし、札幌市の財政の悪化に伴い、反対の声があったものの、敬老パスの制度が見直されることになりました。 結局、2005年度から敬老パスを有料化して「敬老優待乗車証」に名称を変更し、段階的に料金を設定するというかたちになりました。

新たに登場した「敬老優待乗車証」

この敬老優待乗車証は、カードタイプと冊子タイプのものがあります。 カードタイプは地下鉄・市電・JRバス・中央バス・じょうてつバスで、冊子タイプ(回数券)は夕鉄バス・ばんけいバスで使用することができます。 ここでは、基本的にカードタイプのものについて説明いたします。

この乗車証は、金額を10,000円単位で設定して、利用可能金額は最大70,000円まで(2008(平成20)年度までは50,000円まで)、負担金額は最大17,000円まで(2008(平成20)年度までは10,000円まで)となりました。 敬老優待乗車証の枚数(冊数)も、利用可能金額が10,000円上がるごとに1枚(冊)増えていく形になりました。 どういう風になっていくのかを、以下に箇条書きでまとめてみました。

(広報さっぽろ 2004年12月号の2〜3ページ及び2009年 2月号の5ページより[Adobe Readerがインストールされていれば、Web上でも閲覧可能です])

なお、この乗車証は再発行を避けるためか、通常カード対応の機械に入れると使用状況が印字される地下鉄・市電・じょうてつバスでも、カードの裏には何も印字されないようです(中央バス・JRバスは、元々印字しません)。

敬老優待乗車証は基本的に札幌市内の使用に限定されますが、特例として一部の札幌市外の停留所でも使用できるようです(下のリストを参照。3〜4年程前にジェイ・アール北海道バスの厚別営業所管内のバス車内で掲示されていた内容を元に作成しましたので、現在もこのようになっている保証はありません。予めご了承くださいm(__)m 便名は2009年 4月 4日()現在の情報です。もしかしたら他にも同様の停留所があるのかもしれませんが、把握し切れていません.....)。 ただし、以下に示す停留所は札幌市外であるため、その場合は地下鉄との乗継割引は適用されないようです。

この敬老優待乗車証を導入した当初、年度の途中で利用金額を変更できない等の課題がありましたが、2006(平成18)年度から少しずつ制度が変わっていきました。

なお、敬老優待乗車証を券売機に挿入してきっぷを購入する場合、及び同乗車証を精算機に挿入して精算する場合、バス・市電で同乗車証の残高不足になった場合に関しては、さらにもう1枚カードを挿入する場合は敬老優待乗車証を挿入しなければなりません(異なる種類のカード同士を併用することはできません)。 要するに、カードを併用する場合、敬老優待乗車証+敬老優待乗車証は大丈夫ですが、敬老優待乗車証+ウィズユーカード、敬老優待乗車証+地下鉄専用昼間割引カード、敬老優待乗車証+SAPICA、敬老優待乗車証+バスカードなどといった感じで異なる種類のカードと併用することはできませんのでご注意ください。 追加挿入する敬老優待乗車証が無い場合は、現金で精算して下さい。

このサイトからの一切の無断転載・再配布などの行為は禁止させていただきます。
最終更新日 : 2009年 4月 4日()
© 2004-2011 R.S., All Rights Reserved.
一部の例外を除き、このサイトからの一切の無断転載・再配布などの行為は禁止させていただきます。