駅について

(6月14日)Twilightさんのご指摘を受け、一部記述を修正いたしました。 (地区の「俗称」と記載していた個所を、「地区名」に修正いたしました。)

札幌市営地下鉄における各駅に関して、簡単に説明します。 駅の構内図や時刻表、出口案内等の詳細は、いつの間にか札幌市交通事業振興公社(他のサイトへ移動します)の駅管理部のページ(トップページの左側にある「地下鉄駅情報」)に詳しく記載されるようになったので、そちらをご覧ください。 (各駅に配布されている「札幌市営交通ご利用ガイド」を見るのもいいと思います。札幌市交通事業振興公社のサイトから見ることもできます。)

.....という訳で、基本的には振興公社のサイトには載っていない事柄を中心に掲載していきたいと思います。 結局、自分の記憶だけを頼りに打ったので、もしかしたら たまたまかぶってしまったような部分もあるのかもしれませんが.....

駅解説一発移動

下のテキストボックスに駅名(ひらがな・カタカナ・漢字)かナンバリングを入力して「駅解説へ」のボタンを押すと、自動でその駅の解説部分へ移動します。

おしながき

概要

札幌市営地下鉄の駅の特徴・設備等に関して説明します。 (時間がないため、かなり簡単な文章になっています。 今後適宜追記するかもしれませんので、気長にお待ちくださいm(__)m)

特徴・設備

札幌市営地下鉄の駅には、開業当初から全駅に自動改札機が設置されています。 これは極力自動化して経費を削減するためで、改札機に限らず、券売機や精算機も全駅に配置されております。 自動改札機の設置自体は日本で3番目なのですが、それまでに設置された改札機は試験目的であり、本格的に全駅に導入したのは札幌市営地下鉄の南北線が初めてです。

ホームについて

島式ホーム 対向(対面)式ホーム
(左:島式ホーム / 右:対向(対面)式ホーム)

島式ホームを2面配置した、2面3線のホーム。東西線南郷7丁目駅のみで見られる。

札幌市営地下鉄の各駅にあるホームは、原則として島式ホームか対向式ホームのいずれかになっています。 (東西線南郷7丁目駅のホームのみ、島式ホームを2面配置した2面3線のホームとなっています。) ホームは、通常は路線別で北から南(あるいは西から東)へ進む方向が1番ホーム、その逆が2番ホームとなっています。

なお、さっぽろ駅は南北線・東豊線それぞれにおいて1・2番ホームがあります。 大通駅は、南北線と東西線が十字にクロスしている部分に互いのホームがあるためなのか、南北線は1・2番、東西線は3・4番ホームとなっています。 東豊線のみ南北線・東西線と若干距離が離れているため、独立して1・2番ホームがあります。

また、初期開業区間(南北線の北24条〜真駒内間)のうち南平岸(旧:霊園前)〜真駒内間が高架になっており、その区間にある駅はいずれも1階がコンコース、2階がホームになっています。 高架区間のホームは、何故か自衛隊前駅以外は全て島式ホームになっています。(自衛隊前駅のみ対面式ホームです。) 南北線北18条・中の島・平岸駅、東西線西28丁目・東札幌駅は、ホームと改札の間に階段等はありません(地上に出る際は階段等を上ることになりますが.....)。 これらの駅は比較的浅い場所にありますが、南北線北12条駅のように、浅い場所であっても用地が狭い関係で駅施設そのものをコンパクトにするためか、ホームと改札の間に階段やエレベーターが設置されている駅もあります。

さっぽろ駅

基本情報

JR札幌駅と接続している、札幌市営地下鉄の中では規模が大きい駅です。 JRとの乗換の際は、特に東豊線からの乗換だと慣れてないと迷うかもしれません。 南北線と東豊線との乗換の際は、改札を出ずに勾配がある長い連絡通路を通ることになります。

1番出口はJR札幌駅の再開発の際にAPIAができたため、消滅しました。 7番出口(旧札幌西武と直結していた出口)にはエスカレーターもありますが、現在は動きません。 現在、9番出口はさっぽろ〜大通間の地下通路の工事の関係で使用できません。

乗換路線

東豊線からの乗り換えは分かりにくいので注意が必要です。 18番出口は2股に分かれていますが、キャンドゥ側から行っても、そうでない方から行ってもAPIAに行けます。

キャンドゥから行った場合は、そこにある上りエスカレータを登ればエスタの地下1階になるので、左へ曲がって直進し、APIAへ向かってください。 18番出口右(?)側の長めのエスカレーターから行った場合は、降りた先の道をUターンし、直進してください。

大通駅

基本情報

札幌市営地下鉄の代表駅で、3路線とも接続しています。 市電との乗継割引は西4丁目で適用されます。

札幌地下街(オーロラタウン・ポールタウン)とも接続していて、今後はさっぽろ〜大通間の地下通路とも接続する予定です。 6番出口の近く(旧7番出口。南北線北改札口の北東)では、北洋大通センター(大通ビッセ)との接続をオープン開始日の2010年 5月 6日()から始めました。

ポールタウンの入口の前(南北線中央改札口の南側)にはHILOSHIという大型モニターが設置されていることから、「ヒロシ前」の愛称を持つ待ち合わせ場所になっています。 ポールタウンは南北線すすきの駅と接続されています。 さっぽろテレビ塔へお越しの方は、オーロラタウンをひたすら進んでください。(奥に入口があります。)

乗換路線

このサイトからの一切の無断転載・再配布などの行為は禁止させていただきます。
最終更新日 : 2010年 8月26日()
© 2004-2011 R.S., All Rights Reserved.
一部の例外を除き、このサイトからの一切の無断転載・再配布などの行為は禁止させていただきます。